不動産会社を通して注文住宅を|個性あふれる新築物件

玄関から考える

バリアフリーは玄関から

新築戸建てをバリアフリーにすると言うと、家族に高齢者がいるのだろうと考える人がほとんどです。しかし、そうとは限りません。将来のことを考えて、若い夫婦でも最初からバリアフリーにしておくことが多くなってきました。 新築戸建てをバリアフリーにしようと考えると、水まわりや部屋のことばかり考えがちです。しかし、バリアフリーは玄関から始まります。玄関はスロープにするといいでしょう。雨のことを考えて滑りにくい素材を使うことも基本です。また、ベンチがあると靴の脱ぎ履きが楽にできます。

浴室に緊急通報用ブザーを取り付けることもある

高齢の親と同居するとなると、住まいのバリアフリー化は欠かせません。最近は、部屋だけでなく、お風呂の危険を取り除こうと考える人が多いです。 若い夫婦が新築戸建てのお風呂に求めることは、リラックスや内装のおしゃれさでしょう。しかし、高齢者が家族にいる場合はそれだけではいけません。リラックスできても、危険があっては意味がありません。お風呂の出入り口の段差をなくす、幅を広げると言うの基本中の基本です。 近年では、緊急通報用ブザーを浴室内に取り付けることも増えてきました。また、錠は取り付けない方がいいですが、色々な事情があると思います。浴室に錠を付けている家庭では、外から解錠できるものを付けることが多いです。