不動産会社を通して注文住宅を|個性あふれる新築物件

コストや歴史について

注文住宅の金額の傾向とは

注文住宅は、近年大きな人気を集めています。現在多くの需要を集めているのは、注文住宅の常識を覆す坪単価を明示したスタイルのものです。 通常であれば、その設計や使用する建材によって変動する費用ですが、ハウスメーカーが提供するローコスト住宅は単価が決まっています。そのために予算を立てやすくなるのが特徴となります。なおかつその費用は手頃な価格となり、安くなってきています。大手のハウスメーカーの培った工法の効率化やコスト削減によって実現するものとなっています。建材を規格化して仕入れることにより、さらにコストを抑えることができるわけです。

これまでの歴史の流れについて

注文住宅はかつて、腕に磨きをかけた職人の手作業によって建てられる高額な住宅として憧れられたものです。建売り住宅とは異なり、細かな点にも好みや住みやすさを追求できる自由度の高さが、その費用を高額なものとしているわけです。けれども世界的なエネルギー問題に二酸化炭素排出の削減と、いかにエネルギーの消費を減らすかの対象として、住宅が取り上げられることになります。 政府主導によって太陽光発電パネルの設置などが進み、それとともに多くの人が手に入れることができるよう低価格な注文住宅が必要とされるようになったのです。その結果としてローコスト住宅による注文住宅が誕生し、かつ耐震性能なども高められるようになってきたわけです。