不動産会社を通して注文住宅を|個性あふれる新築物件

非常に便利

西武線は都内までの通勤に非常に便利です

西武池袋線は渋谷方面や飯田橋方面などにアクセスできるという特徴があるため、西武線の中でも特に利用者が多くいます。そういった背景から、沿線上のエリアは住宅地として栄えており、一戸建てからマンションまでさまざまな住居形態の物件が数多くあります。 最近では、新築の一戸建て住宅も購入しやすいものが増えており、ひばりが丘や東久留米など、東京都に近いエリアでも2000万円代の物件が目立ってきました。 都内で狭いマンションや一戸建てに住むよりも、通勤に便利となった西武線沿いエリアで広々とした一戸建て住宅を購入するという選択に注目を浴びています。

駅から離れた物件がお買い得

駅に近い物件はマンションが多く、一戸建ての価格は非常に高価であり物件数も少ないのが現状ですが、駅から離れたエリアは非常に安く、購入しやすい物件が多くあり、西武線池袋線沿いはバスの便が非常に多いため、駅から離れた住居での生活も不便ではないのが特徴です。 また、このバスは並走する東武東上線の駅に繋がるものが多いため、都内へのアクセスに限らず、埼玉県内への移動にもとても便利といえます。 駅近の物件は、狭い土地に3階建ての住宅が建っていることが多く、駅から離れたエリアの物件は広々とした土地に2階建て住宅が多いというのが最近の傾向となっています。 終の住処として家を持たれる場合、年齢が進むにつれ、階段の上り下りが辛くなるなどの障害が発生する可能性もあることから、後者のような2階建ての物件を選択することが重要といえます。